1. ホーム
  2. 練習日記
  3. 故障と向き合う
故障と向き合う
練習日記
2019 / 5 / 13

故障と向き合う

故障

4月の終わりに中足骨骨頭痛になってしまいました。最初は我慢しながら走っていましたが、歩くだけでも強い痛みを感じるようになりました。

5月に入ってからは、走る→痛い→休む→走る→痛い→休む…を繰り返していました。完全に悪循環です。また、足底筋膜炎も併発してしまいました。悪い時はとことん悪いようです。

レースが近いからと焦っていたようです。痛みが出た時点で休むべきだったと後悔しています。

鍼やマッサージ、超音波など治療院に通ったり、セルフケアをしたりして少しずつ痛みは改善されてきています。

前向きに

故障をしてしまうと、気持ちが落ち込んでしまいます。

走れないストレスによって、遊びまわってしまったり、暴飲暴食をしてしまったりすることもあるかと思います。

故障するとその気持ちは分かります。私も、自分と戦っています。

より早く復帰することを考えて日々過ごしています。

治療院に通ったり、セルフケアをしたりすることはもちろん、普段以上に体幹トレーニングをします。

走れない分、走る以外のトレーニングをすることが大切です。その方が何もせずに過ごすよりも、復帰した時の戻りが早いと実感しています。

故障をして、落ち込むのは当然です。走れない現実から逃げずに向き合うのは辛いです。しかし、早く復帰するために前向きに取り組むことで、また一回り強くなれると思います。

私はそう信じています。

柴又100K

エントリーしている柴又100Kまであと1週間となりました。

現在故障している状態で、走るのは無謀だと思います。

しかし、このレースに対する気持ちは捨てられません。

今できることをやって、ギリギリまで考えたいと思います。

BLOGGER

ブロガー紹介

マッキー
Coach
マッキー

フルマラソンと100kmマラソンを中心に走ってます。 いずれはそれ以上の距離にも…

マッキーさんの最新記事