1. ホーム
  2. 練習日記
  3. 20kmクロカン走
20kmクロカン走
練習日記
2019 / 1 / 9

20kmクロカン走

連休最終日

年末年始の連休最終日にクロカンを走ってきました。

地元の市民ランナー仲間で集まって練習会をしてきました。

場所は、以前紹介した愛知県名古屋市の大高緑地公園のクロカンコースです。

今回のメニューは80分クロカン走でした。

クロカン走の効果

以前ブログでクロカン走のメリットについて紹介させていただきました。その際にも書かせていただきましたが、クロカン走には多くのメリットがあります。

クロカン走のメリット
①衝撃が少ない
②心肺機能の向上
③全身の筋力強化
④フォームの改善

アスファルトのコースは地面が硬く、反発が強く、スピードを出しやすいです。しかし、足にかかる負担も大きく、ケガのリスクも高くなります。

一方、クロカンコースは、地面が柔らかく、反発が弱く、起伏もあります。足先の筋肉だけでなく、全身の筋肉を使って走ることが求められます。

そのため、クロカン走をすることで、足先の筋肉だけでなく、全身の筋肉を使ったフォームを身につけることにつながります。

私も、以前は走り終わると、脹脛の筋肉が張っていることが多く、疲労が抜けにくかったです。クロカン走を始めてからは、ハムストリングスや上半身の筋肉を使って走れるようになり、疲労も溜まりにくくなりました。

クロカン20km走

今回のメニューは80分クロカン走だったので、4:00/kmペースで20km走ることにしました。

ブログ画像

平地なら余裕で走れる設定ですが、不整地+起伏のコースでは、全くきつさが違います。心拍数もいつもよりも高くなります。

同じ4:00/kmペースでも、クロカンコースだと、3:40/km〜3:50/kmくらいの感覚です。特に上り坂はしんどかったです…

練習後

練習中は、かなりきつく感じましたが、走り終わると足の痛みはなく、ダメージもあまりありませんでした。

クロカンコースは、地面がウッドチップや芝生で柔らかく、足への衝撃が少ないからです。

また、後日に平地でjogをすると、推進力を感じることができ、良い感覚で走ることができました。

今回の練習でクロスカントリー走のメリットを十分に得られたと思います。

目的は様々

クロカン走は、走力を問わずオススメの練習です。

記録を狙うシリアスランナー方はもちろん、ケガ明けの方や初心者の方にもオススメです。

また、メニューをアレンジすることで、トラックレースからフルマラソン・ウルトラマラソンまで幅広く効果的な練習ができます。

クロカン走が走力向上のキッカケになるかもしれません。

是非クロカン走に取り組んでみてください!