カテゴリーから探す

  1. ホーム
  2. 練習日記
  3. 朝練
朝練
練習日記
2018 / 10 / 18

朝練

今日の朝練

今日の朝練では、4'00/kmの60分jogをしました。

ブログ画像

最初の3kmをウォーミングアップ代わりに4'10/kmで走り、3kmからは4'00/km、だんだん身体が動いてきたので、12km以降はペースが上がりました。

寝起きで身体が固まっているため、最初はゆっくり入って、最後は気持ちよく上げられました。

朝練の習慣

私は大学から陸上を始めました。大学で4年、大学院で2年、今年で社会人3年目なので、走歴は9年目になります。

私は、大学・大学院時代から朝練に取り組んでいました。社会人3年目となる現在も朝練を続けています。つまり、朝練を始めて9年目になります。走歴=朝練歴です。いつの間にか朝練が習慣化し、生活の一部になっています。

前回紹介した練習計画にも書いた通り、社会人となった現在は、朝練が中心となっています。今回は朝練の効果について、私が日々実感していることも含めて書いていきます。

朝練のメリット

①早寝早起きの習慣が身につく
私の場合、練習メニューにもよりますが、4時〜5時に起きて、朝練をすることが多いです。就寝は、22時前後を目安にしています。

②ダイエット効果
朝はインスリン濃度が低く、脂肪が燃えやすいです。体重も減り、走力の向上にもつながります。

③走行距離の増加
朝は確実に時間を確保できるため、確実に距離を踏むことができます。また、午後練もした場合、さらに走行距離を伸ばせます。

朝練のデメリット

①怪我のリスクが高い
寝起きは身体が起きていないため、いきなり動き出すと、ケガをするリスクが高まります。しっかり準備運動をしてから走りましょう。

②疲れて仕事に集中できない
朝練の疲れで、仕事に支障を出してしまうことが考えられます。最初は、ウォーキングや軽いjogから始めて、慣れることをオススメします。

③睡眠不足になる
起床時間が早くなる分、睡眠時間も短くなります。仕事や用事で就寝時間が遅くなった時は、無理をせず、身体を休めてください。

朝練のメニュー

私の朝練のメニューはjogが中心です。

体調に合わせて、30分〜120分走っています。ペースも体調に合わせて、変えています。疲れがたまっている時は、短く30分で終わったり、走り込みたい時は、4'00/kmで30kmやることもあります。

朝は、怪我のリスクが高いため、スピード系のメニューはあまり入れていません。午後になかなか練習ができていない時は、200m×10〜15本程度やることもあります。

まとめ

朝練には、メリットもデメリットもあります。無理せず、自分の体調に合わせて行いましょう。

慣れてないうちは、ウォーキングやゆっくり走ることから始めると良いと思います。継続することが大切です。

朝練をして、1日を気持ち良くスタートしましょう!

BLOGGER

ブロガー紹介

マッキー
Coach
マッキー

フルマラソンと100kmマラソンを中心に走ってます。 いずれはそれ以上の距離にも…

マッキーさんの最新記事