ニューバランスがランナーと作る
NBRC(New Balance Run Club) の
オフィシャルブログ「NBRC ブログ」は
終了いたしました。
こちらのページはアーカイブです。

  1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. 第29回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン
第29回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン
イベントレポート
2019 / 4 / 22

第29回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン

今年度初戦

4月21日(日)に第29回チャレンジ富士五湖ウルトラマラソンの71kmの部を走ってきました。

自分にとって今年度初戦です。4月は、トラックやロードのレースには出ず、富士五湖に向けて練習を積んできました。

先頭争い

今回の富士五湖では、目標を入賞に設定していました。

しかし、実際のところは優勝を狙っている自分もいました。

レースがスタートすると1人飛び出したランナーがいたので、そのランナーについて行くと、もう1人のランナーもついてきて、私も含め3人の集団になりました。

ゼッケンナンバーが申告タイム順?になっているので、その2人が力のあるランナーであることはすぐに分かりました。

駆け引き

3人の集団になり、想定していたよりもハイペースでレースが進みました。

4:20/km前後を想定していましたが、4:00/kmを切るペースで入り、下り坂では、3:30/kmを切るペースまで上がっていました。オーバーペースだと思いましたが、ついていきました。

なぜなら、「信号」があるからです。富士五湖では交通規制はされていないため、赤信号になると止まらなければなりません。

つまり、ペースを落として離れた時に赤信号になると、さらに離されてしまうということです。逆に、信号によって足止めされて追いつかれてしまうこともあります。

そのため、信号の手前からペースが一気に上がることがあり、その度に反応していたので、足に疲労も溜まりました。

順位狙い

私は、25km〜35kmで先頭に立ちましたが、その後抜かれてからは、2位で単独走する時間が続きました。

前には離されてしまいましたが、後ろとは距離が離れていたため、とにかく2位をキープする作戦にしました。

50km手前で前腿の筋肉に痛みが出始めました。前半の下り坂でオーバーペースになったのが原因です。

痛くなってしまったのはしょうがないので、後ろとの距離を見ながら、ペースを落としました。

結果

下り坂では、かなり痛みが出て、何度か歩きました。それでも55kmまでは2位をキープできていました。

しかし、そこからはもう走ることができず、残り16kmは歩きました。

結果
71km 7時間35分12秒

3時間近く歩いてしまいました…

ブログ画像

レースの楽しさ

ラストは走ることができなくなってしまいましたが、とても楽しいレースでした。

いつもは、タイムを気にして、時計とにらめっこばかりしていましたが、今日は本気のかけっこができました。先頭で走ることもでき、良い経験になりました。

負けてしまったのは、自分が弱いだけです。また1から鍛え直します。

嬉しかったこと

先頭争いをしている時に、
「NBRCブログいつも見てます!優勝してください!頑張ってください!」
と応援していただきました。

この声でかなり燃えました。応援ありがとうございました!

優勝できなくてごめんなさい。出直してきます!

BLOGGER

ブロガー紹介

マッキー
Coach
マッキー

フルマラソンと100kmマラソンを中心に走ってます。 いずれはそれ以上の距離にも…

マッキーさんのその他の記事