1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. 東京マラソンでの雨対策
東京マラソンでの雨対策
イベントレポート
2019 / 3 / 6

東京マラソンでの雨対策

今週末は名古屋ウィメンズマラソン、古賀はなももマラソンが開催されますね。
シーズン最終戦の人も多いのではないかと思います。
ただ、天気はあいにくの雨予報です。

そこで僕が東京マラソンで行った雨対策を書かせていただきますので少しでも参考になれば幸いです。

雨対策 やってよかったこと

百円ショップのカッパを着用
スタートまで待ち時間があるので雨が降っていなくても防寒対策に着用しようと思っていました。
スタート後は脱いで走りましたが、完走が目標の人ゴールまで4時間以上掛かる人は着用したまま走ったほうがいいと思います。

キャップの着用
曇り予報から雨に変わった為、急遽キャップをかぶり走りました。
顔に雨が当たるのを防げるのと大会カメラマンに写真を撮られても見苦しくならないようになります(笑)

防水スプレー
靴、靴下、キャップ、ウェアに吹きかけて、雨を少しでも防げるようにしました。
靴(靴下)が濡れるとマメができやすくなるので対策は怠らないほうがいです。

体にワセリンを塗る
ワセリンを露出している肌に塗ることで防寒対策になり、さらに雨もはじいてくれます

雨対策 やって駄目だったこと、やればよかったこと

透明のゴミ袋をかぶっておけば良かった
カッパだと走るのに邪魔になりますが、ゴミ袋であれば重さも軽いので着たまま走ってもそんなに邪魔になりません。
また、スタートまでの待機時間もカッパだけだと寒かったのでカップの下にゴミ袋をかぶっておけばよかったと思いました。

百円ショップの軍手が水を含んで手が冷えた
いつでも捨てられるように百円ショップの軍手を着用していたのですが、ランニング用の手袋にすれば良かったと思いました。

雨対策 まとめ

実際に行った対策やこうすればよかったと思うことを書きましたが最終的にはメンタルです。

ネガティブに考えようがポジティブに考えようが雨はやみません。
であれば、予想外のアクシデントすらも楽しんでしまうくらいの気持ちで走るのがいいのではないでしょうか。