1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. サブ3達成!
サブ3達成!
イベントレポート
2019 / 2 / 28

サブ3達成!

2/24 静岡マラソン

今シーズン3回目のサブ3チャレンジであり、今シーズン最後のレース。

本命レースだった先日の勝田全国マラソンでサブ3を逃していた為、保険的意味合いで入れていたこのレースが最後のチャンス。

正に背水の陣で臨んだレースでした。

レースプラン

絶好のコンディションだったにもかかわらず結果が出せなかった勝田を踏まえ考えたことは「何かを変えなければ」ということ。焦りにも近い感情の中で、何がいけなかったのか、何を変えればいいのかを必死に考えました。その結果出した結論が以下の通り。

1. 体重を変える(落とす)

冷静に考えると、勝田の時はカーボローディングにかこつけていつも以上に食べ過ぎた感があり、1kgほどオーバーウェイト気味でした。ここは簡単に起こせる変化。間食を制限し、レース前3日間も食事の量を変えないことを意識することで、ベスト体重で当日を迎えることができました。

2. シューズを変える

勝田の時はシューズはNB Hanzo S V2を履きました。初めてフルマラソンで"S"を履いてみたのですが、やはりいつもより早めに痙攣が起きたことやレース後のダメージからすると、自分の走力では脚への負担が大きすぎたのかもしれません。そこで今回はいつもレースで履き慣れたNB Hanzo Rを履くことにしました。

3. ペース配分を変える

いつもは攣りやすい脚への負担蓄積を抑えるべく、ネガティブスプリットを理想とする走り方をしているのですが、勝田の結果を踏まえてコーチと話し合った結果「体質的にどのみち脚は攣る」という前提で前半で貯金を作る走り方に変えてみることにしました。これはかなり勇気のいる決断でしたが、同じやり方で結果が出ないのであれば、アプローチを変えるしかない。ここ2レースで脚が攣ったときの対処のコツも掴めたので、ここは思い切って試して見ることにしました。

というわけで設定ペースは勝田のときよりも更に上げて4'10"/km(20'50"/5km)。

そのまま行けば2:55'49"の計算です。

レース展開

ブログ画像

【序盤〜中間点】

最初の5kmは下り基調。ここは力を抜いて楽に4'10"/kmのペースで入っていくことができました。

5km以降から15km過ぎまでは一転して緩やかな登りが続きますが、体が温まって動き始めるのと相殺されて、ここも一定ペースで進んでいきます。

【中間点〜35km】

15kmを過ぎてしまえばあとは全体的に下り基調。計画通りのラップで中間点を過ぎ、少し気持ちに余裕が生まれます。脚もまだまだ大丈夫。

中間点以降は駿河湾を右手に臨む海岸線沿いのコース。この長い直線は向かい風がずっと続いて思うようにペースが維持できませんでしたが、ここで意識したのは「無理にペースを維持しようとしない」ということ。

30kmを過ぎたあたりからサブ3ペースと思われる集団からも離されていきますが、ここは気にしない気にしない。前半の貯金を少しずつ使っていくイメージでとにかく力まない走りを心がけました。今振り返ってみると、ここがこのレースのポイントだったように思います。

勝田で脚が攣った32km地点を過ぎてもまだ大丈夫。

33km、34km。まだ大丈夫、まだ大丈夫。と、脚の状態を確かめながら淡々と走ります。

35km地点。ここを折り返せば一転追い風になって後は下るだけ。脚はまだ大丈夫。

【35km〜Finish】

37kmを過ぎて、残り5km。ここまでくれば5'00"/kmでいってもギリOKということで、かなり気持ちが楽になりました。後はとにかく攣らないように。

39km。ここできましたいつものやつが。左ハムストリングの痙攣。でも貯金があるから大丈夫。ここは一旦立ち止まってストレッチ。

40km。次に来たのは左ふくらはぎ。それでもまだ時間はある。また立ち止まってストレッチ。

41km過ぎ。またきた同じ左ふくらはぎ。ここでもう1回ストレッチ。

最後の直線。今度はハムストリングとふくらはぎが同時に痙攣。ここまできたら後は気合で乗り切るしかありません。勝手に収縮する筋肉に抗いながら左脚を伸ばしたまんまで猛ダッシュ。

レース結果

グロス:2:58'50"
ネット:2:58'19"

ブログ画像

念願のサブ3。三度目の正直でようやく達成できました。

振り返り

ブログ画像
第6回湘南国際マラソン

5:12'45"かかった2011年の湘南国際マラソンでのマラソンデビュー。

あれから約7年。

21回目のフルマラソン。

当時の自分は、サブ3を目指すなんてもってのほか、これだけの回数フルマラソンを走ることすら想像していませんでした。

実際のところ、サブ3.5を達成した時点で「サブ3とかしんどそうだしマラソンは記録はもうこれでいいや」と思っていたぐらいです。

そんな時に出会ったのがこのNBRC、そしてSilent Huntersの仲間達。

このランニングコミュニティを通じて大いに刺激を受け、何度も感情が揺さぶられ、気がつけばいつの間にか自分にも「本気でサブ3を目指す」という意志が芽生えていました。

そんな自分に変わる環境・機会を与えてくれたニューバランスのみなさん、コーチ、そして仲間達には心から感謝しています。

この場を借りてお礼申し上げます。

本当にありがとうございました!

今後の目標

サブ3を達成した事は自分の中で一つの区切りとなりました。

今後は、生活の中におけるランニングの優先度はほんの少しだけ落としつつも、練習の質を上げるなどの工夫で、安定してサブ3で走れるランナーを目指したいと思います。

Where there's a will, there's a way.

ブログ画像