1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. 湘南国際マラソン2018 後半
湘南国際マラソン2018 後半
イベントレポート
2018 / 12 / 7

湘南国際マラソン2018 後半

9:00 A.M. START!!!

8:30A.M. Bグループに整列

天気予報では、午前中は晴れと言っていたけど実際は曇り空。肌寒く、少し風も吹いていて寒い。。。

8:40A.M. 頃になると移動開始して、スタート地点へ。
さ、寒い。早く号砲が鳴らないかなぁと思いながらも、集中して時を待つ。

バンッ!!

今回の大会から、GROSS TIMEではなくNET TIMEに変更。
今回の目標は3:30:00を達成すること。
それ以外はない。

スタートから4"50/km を意識してテンポよく刻んでいく。
今回はウォームアップを行えていたため、スタートから動きがまずまず。5kmくらいまでは様子見。

5km~10km  とても長く感じる時間。ふと頭にあと30kmと思い浮かんでしまい、不安がよぎる。

10km ~ 20km 江ノ島までの直線、先頭集団が折り返してくるのが分かる。先頭集団に意識して走ることで疲労が抜けていく。
       とにかく、前傾姿勢だけを意識して少しでも前に、と思って無心で走る。
       折り返し、去年はここからSub3.5集団から抜け出して後半バテたため、今回はペースを変えずに走る。

22km !!!??? あれ、突然足の様子がおかしい。意識をしないようにフォームだけを意識して走る。

25km 付近給水所 ランナーが滞留しており、ペースダウン・・・!!ピリッ!!右ハムストリングが攣ってしまった。
    さっきの違和感は、これだった。少し、道から外れてストレッチ。走り出そうとしたら攣りそうになる・・・。やばい。

25km ~ 30km 攣りそうにならないようペースと走り方を模索して刻む。6"00 NG -- 5"45 NG -- 5"30 OK 
       不思議と5"30で刻むことで足の攣りそうになる感覚が抜けていく。これでいこう。

30km~35km 沿道に応援してくれている親子が目に入る。お父さんは、和太鼓。目の前にいる子供、小学生?
       出せるだけの精一杯の声を出して、全身で応援してくれる姿をみた瞬間・・・感動してしまった・・・やばい。涙が・・・
       泣いている場合じゃないと気持ちを立て直すと一気にさっきまでの疲労感が抜けていた。

沿道の応援の力は、本当に凄いパワーを持っている。

40km 去年、止まってしまった地点にきて不安がよぎる。少し前の給水所でおにぎりを二つ食べる。
    誰かが呼ぶ声がしてきて、見ると同僚が手を振って応援してくれて、少しの間、一緒に並走してくれた。
    気づけば途端にギアが入り、ラスト2km 4"30で刻むという謎のパワーが復活。

GOAL!!

ブログ画像
ブログ画像

去年のPBからは5分ほど、遅れてしまったけれど
25km付近で攣ってから、立て直して走れたこと、なんとか5"30/kmで我慢したこと
25kmまでは4"45/kmくらいで刻んで来れたこと。
これまではペースは速くても、ラストで8"00-9"00や歩いてしまうことがあったけれど、今回は遅くても6"00/kmが2回程度。
成長を少し感じました。

これで辞めようと走っているときは思っていたけれど、ゴールして見ると悔しさが湧いてくる。

レースに向けて、様々な人たちにアドバイスをもらい、当日を迎えられたこと。
レース中は、沿道で多くの方々から応援してもらえたこと。
そして、湘南国際マラソンに出られたこと。その全てに感謝して、もう少し走って見ようと思いながら帰途へ。。

ありがとうございました。楽しい3:38でした!!