1. ホーム
  2. イベントレポート
  3. ikism. Run NYC / Day3 / Abbott Dash to the Finish Line 5K

世界中のランナーたちを魅了するロードレース「NYCマラソン」。今年は2018/11/4に開催され、この時期のNYの街ではレースに関連し様々なランニングイベントが行われている。

今回ikism.として僕と小林さんで「NYCマラソン」へエントリー。個人的には初フルマラソンをかけた今回のチャレンジ。なぜ自分がランニングに夢中になるのか? ランニングの魅力とは? ランナーを引きつけるものは一体何なのか? そんなことを考えて僕の目線で写した旅の記録「ikism. Run NYC」。

三日目は「NYCマラソン」前哨戦ともいえる5Kのロードレース「Abbott Dash to the Finish Line 5K」に参加。

Abbott Dash to the Finish Line 5K

Abbott Dash to the Finish Line 5KはNYCマラソン前日に行われる5kmのロードレースだ。10,000人以上のランナーが出場し、全米5kmロード選手権(USATF 5K Championships)の決勝を兼ねた計$60,000の賞金レースでもある。

翌日行われるNYCマラソンとセットで企画されたような大会で、ゴールもNYCマラソンのフィニッシュラインを使う。国連広場からスタートし、グランドセントラル駅を抜け、6th Avenueをセントラルパークに向けて直進するコース。NYCマラソンでは走らないマンハッタンのビル街を駆け抜けるという、また別の魅力をもつレースだ。

ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像

翌日フルマラソンということもあり、『走るひと』編集長・上田さんと、俳優の大東駿介さんといっしょに、ミッドタウンの街並みを楽しみながら走った。大通りの真ん中から見る、いつもと違ったニューヨークの景色に興奮しながら、5kmという短い距離とはいえ、魅力の詰まったレースを楽しんだ。

いよいよ明日はTCSニューヨークシティマラソン本番。

ikism. Run NYC / Day4へ続く。