1. ホーム
  2. 商品レビュー
  3. 夢のTEMPOはいつも目覚まし!

緊急事態宣言が明けて、油断はできないといえどもオンライン上ではなく久しぶりに直接友人や同僚に会う人も多いかと思います、
そんな中、久しぶりに会ってみて、何か大きくなったな…とか、ちょっと気づいても口に出せなかったりすることもあるのではないでしょうか??
あれれそれってもしかして…そうワタクシめなんです…と、他人だけでなく自分のこともだと気づき、それに腹が立つったらありゃしない、と。

やはり絞るには有酸素(と食事制限)。1日5km、30分だけでも走るだけで全然違います。
まだまだ在宅ワークの継続や時差出勤も多い中、朝食前のちょっとした早朝のランニングを始めるのにオススメのシューズを紹介したいと思います。

ブログ画像

「FRESH FOAM TEMPO」
ニューバランスのランニングシューズの中でも、よりクッションを感じやすく、しかも軽量性もあって愛用している方も多いFRESH FOAM。特に定番のZANTEと呼ばれていたモデルのラインが今シーズンは新たに「TEMPO」と名前が変わり登場しました!
過去のモデルも履いてフルマラソンを走ったこともありますので、違いなどをレビューしていこうと思います!

もともとFRESH FOAMシリーズは柔らかさと軽さを備えたふわりとした履き心地の良さが特徴のシリーズ。自分の父も練習に、レースに、普段履きに、通勤用に、といろんなシーンで使って履き古しては毎年次のモデルの催促をしてきます。
それが今回、クッショニング素材が新しくFRESH FOAM 「X」という改良した新しい素材にアップデート!軽さや柔らかさはそのままに、さらに反発性がUP!過去作以上に推進力を感じます。次の一歩次の一歩と足が進めやすく、気が付いたら数km進んでいた、ということも。反発性が高くなった分、前作よりスピードも出しやすく、よりいろんなスピードに対応してくれます。それこそウォーキングから1km5分ペースまで!!
父はこれを

「体重が前に乗っていく。しっかり足の裏全体が地面に着くイメージ。気持ちよく柔らかく接地ができる」

と言っており、知り合いの女性ランナーも
「接地がしやすく、前に進みやすい。そのせいか自然と少しスピードも出しやすい。クッションは柔らかいですがマカロン、というよりパンナコッタみたいなしっかり芯のある柔らかさ。いつも走り初めにくるぶし上、ふくらはぎの下のほうの筋肉がつかれるが、このシューズだと疲れない」

とコメントしてました。ぜひ皆様にもこの新しいクッショニング素材を実感していただきたいですね!

また、ペースの変更や高速走行、初心者のランニングにも対応できるように、安定性も上がってます!

ブログ画像
ブログ画像

前回のHANZO Uの紹介記事でも挙げましたが、大きいヒールカウンターによる安定性に加えて、内側のフォーム素材が柔らかく、カカト周りをしっかり包んでくれます。
さらに走っているときの、シューズのアッパーにかかる圧力を計測し、そのデータに基づいて土踏まず周りを補強しており、掴んでくれている感覚が横ブレを支えてくれます。
長時間走って疲れてきても、安心感がありしっかり踏み込めます!いざ走ってみるとなんでも、どこでも使えるな、というイメージです!

FRESH FOAMシリーズはミッドソールの構造がシンプルで、ソールの形など諸々の設計もストレスが少ない設計となっており、ちょっとしたランニングや運動用のシューズにもオススメです。履き心地だけは履いてみないとわからない…というのが文で伝えづらく難点ですが、ぜひトライしてみて体感いただければ、と!もちろん、フルマラソンでの使用もアリですよー!!

自分も早朝ランや在宅ワーク中の昼休みといったちょっとしたランニングや、それ以外にもスーパーへの買い出しなどなど現在進行形で活用しています。みなさまのライフスタイルに合った使い方をアピールしてみてはいかがでしょうか!?

ブログ画像

「今回の全国各地の走ってみたフルマラソン紹介のコーナー」
筆者は全国のマラソン大会を父と走ることが多いのですが、今回はその中で親子ともどもFRESH FOAMを履いて走った大会にフォーカスいたします!!

ブログ画像
ブログ画像
青島太平洋マラソン

俗に青大(アオタイ)と呼ばれる30回以上も歴史のある大会、12月中旬の開催ですがプロ野球のキャンプ地にも選ばれること多い宮崎県とあって開催時期の気温は比較的暖かめ。
観光も兼ねて、年納のレースとして選ぶ方のもアリですね!
ただ、自分が参加した年はめったにない寒波が来てまして、スタート前のセレモニー時に「こんな寒い青島太平洋マラソンは初めてです!」とアナウンサーが叫んでました。

ブログ画像

コースは宮崎の運動公園から宮崎空港を眺めつつ宮崎駅のほうへ。そこから折り返して青島を目指し、また運動公園に戻ってくるという折り返しのコースです。
で、コース図を見ていただくと「残り10km!」というところで一度スタート地点に。
ゴールはすぐそこに見えているのにあと10km…。この青島までの折り返し10kmの旅が長く、長く体感しながら景色を楽しめます。
折り返してからはいくぶん、気持ちが楽になるのですが。

ブログ画像
残り5kmとなる最後の折り返し地点
ブログ画像

そんなこんなでその秋6本目のフルマラソンということもあり、なんとか4時間切りでゴール!

ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
後半、スタート会場を通り過ぎてからの残り10kmでペースダウンしてますね…
ブログ画像
父もグロスタイム4:42でゴール!

また、青大の楽しみ方の1つとして通常なら会場から宮崎駅の移動はバスが出てるのですが、ちょっとだけ歩いて駅に向かい、時間を合わせると「海千山千」という日南線の観光列車に乗車することができます!
この列車、観光列車にしては珍しくわずかながら自由席もあり、なんとそこは通常の運賃!
1日1本なので、時間が合わせにくいですが、ちょうどいいタイムのランナーはぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか!?

ブログ画像
ブログ画像
記念乗車証まで!

ちなみに大会の制限時間は6:30、このご時世ですが今年の大会は開催したい方向で現在検討中(6月中旬決定)とのことです!

ブログ画像